moti.life

日々のたのしいを探すもちらいふ

疲れている時にHSPがしない方がいいこと3選

f:id:motimoti444:20200209212400p:plain

こんにちは、motiです。

疲れている。なんだかしんどい。そういう風に感じるときがありませんか?

HSPな私は他人よりも感覚が鋭く、他人の気持ちに共感もしやすいことで疲れやすい。疲れていると感じることが多いです。

私が今まで日常に取り込んできていた生活の中から、HSPにとってしない方がいいと感じたことが3つほどあったので、ここでご紹介したいと思います。

 

 

疲れている時にHSPがしない方がいいこと

テレビをみること

f:id:motimoti444:20200122194535p:plain

日常生活の中でテレビを見るというHSPの方も多いとは思います。しかし疲れているHSPにとってはあまりお勧めできません。なぜかというのをひとつひとつご紹介したいと思います。

ニュースをみる

テレビを情報収集に使っているという方も多いと思います。平日には朝、夕方、夜にニュースをしているチャンネルがあります。もちろん世界の情勢や日々外で起こっていることを知ることは周りと円滑な人間関係を構築するために必要なことだとは思います。

しかし疲れているHSPの方にはおすすめしません。

なぜならHSPは共感する能力が優れているせいで、ニュースで痛ましい事件や悲しい出来事などを目にすると自分のことのように感じられてしまうことがあるからです。

「〇〇で事件」というニュースを見ただけで、被害者や被害者の家族はどういう気持ちだろう。マスコミに集られていないだろうか。など自分のことのように私には感じてられてしまいます。

HSPではない方は「可哀そうな事件だな」とは感じてはいるようですが、そこまで事件のことを引きずったりはしません。

HSPならではの「他人に共感してしまう」「物事を深く考えてしまう」という特性のせいで、「ニュースを見る」という行為はかなり頭と心を使ってしまい、疲れをさらに強くしてしまっていると私は感じます。

なので、HSPの方は疲れている時は特にニュースを見ることはやめておいたほうがいいと思います。

 

テレビのCMを見る

私はテレビのCMが苦手です。大きな理由は3つほどあります。

  • 「番組との音量の違いに驚く」

これは映画を見ている時による起こることなのですが、映画は俳優さんの声が小さく、効果音が大きいことが多いです。俳優さんの声を聞き取るために音量を大きくしているとCMに入ったときとの音量の差でひどく疲れてしまうというのが理由です。

 

  • 「CMに感動系の物がある時がある」

CMは次にこのCMが来ます。といったようなものがないので、本当に注意が必要です。HSPは他人のことを自分のことのように感じてしまう性質があります。私が一番苦手だったCMは上司に怒鳴られている社員のCMでした。HSPは怒鳴られたり、大きな音に敏感です。私の場合ボリューム的には大きな音の方が勝っていたとしても怒鳴られている方がつらく感じてしまいます。そういう感情を揺さぶられるようなCMが流れてくることもあるという点であまりよくないと思われます。

 

  • 「実際に起こっていることのCMもある」

これは最近見てしまったことです。「オーストラリアのコアラや野生生物が火事で沢山命を落としている」といった内容でした。私もネットで目にしたので、出来事自体は知っていました。あまりにも痛ましい現実で起こっている出来事が、HSPの私の疲れた心には刺さりすぎました。そのことばかり深く考えてしまうようになってしまうようになってしまいました。

 

番組の内容は大体予想できたとしても、CMの内容までは予測することはできないと思います。こういった不意打ちのような出来事があるので、疲れているHSPにはテレビをみることをおすすめしません。

どうしても見たい番組の場合は録画してCMスキップするのがおすすめです。

 

 

スマホのSNSを見ること

f:id:motimoti444:20200122194553p:plain

スマホのSNSはテレビとはまた違った内容のニュースが入ってきやすい場所だと思います。Twitterならトレンド、LINEの場合はタイムラインなどで様々なニュースが扱われています。中には根拠のない推測の域を出ない内容などもあります。そういった内容のニュースひとつひとつに心を痛めてしまっているとHSPは疲れてしまいます。

HSPの私はポジティブなニュースよりもネガティブなニュースの方が頭に残りやすく、深くそのことについて考えこんでしまいます。疲れている時はスマホを見るのは必要最低限にした方がいいと思います。

 

 

外出をすること

f:id:motimoti444:20200122195734j:plain

外にはHSPの苦手・ストレスに感じることが数多くあります。

  • 他人の話し声
  • 他人の目
  • 電車の音
  • 電車と電車がすれ違う時の大きな音
  • 車のクラクション
  • 大きな声

などなどまだ沢山ありますが、兎にも角にも外出はHSPにとってとてもストレスに感じることが多い場所だと思います。

仕事や病院などで仕方なくという場合は以外は外出は避けるべきだと思います。

どうしても外出しなくてはならない場合は「イヤホンや耳栓をして音をシャットアウトする」「帽子をかぶって人の視界が気にならないようにする」など対策をしっかりとしていくことをおすすめします。

私は音関係が特に敏感なので外出時はイヤホンがかかせません。外出する前は大丈夫かもと感じても、後からつらくなってくることもあるので、必ず持ち歩くようにしています。

このようにHSPが外出する際にはいろんなことを考えて行動しています。疲れているのにそういうことも考えなくてはならず、さらに疲れてしまうので疲れている時は私は外出は避けるようにしています。

 

 

考え事を増やすようなことは避けよう

HSPの私は朝起きてから夜眠るまで、考え事をしていない時がありません。HSPが常に疲れやすいといわれているのはそういう気質によるものも大きいかと思います。

なので、上で上げたような「考えるということを増やすような行為」はしない方がいいと思います。

常に何かを考えているのに、「テレビをみる」「ニュースをみる」「スマホをみる」「外出する」ことによってさらに考えなくてはならないことが増えてしまい、さらにどっと疲れてしまうということが私にはよくあります。特に必要性がないなら上で上げたようなことからは離れて過ごすことをおすすめします。

少しでも穏やかに過ごせるようにするためにもあまり頭に負荷をかけないように過ごすようにしてみてください。疲れがすごく吹っ飛ぶということはないかもしれませんが、そういう日常の過ごしかたで、体や心が徐々に変化していくと思います。

疲れをさらに増やさないために考え事を少しでも少なくしましょう。

何も趣味などがないという人はとりあえず読書などはいかがでしょうか。

▼HSP関係でおすすめの本

  

 

おわりに

今回は疲れている時にHSPがしない方がいいことをご紹介しました。

  • テレビをみること
  • スマホのSNSをみること
  • 外出すること

これらはHSPの私にとって疲れている時にしない方がいいことの上位3つです。ただでさえ疲れているのにさらに疲れていることをしてしまうと人間がどうなってしまうのかは皆さんもお分かりだと思います。

疲れている時はこれらのことから離れてリラックスできる環境で過ごしてみてください。好きな香りのアロマを焚いてみたり、好きな音楽を聴いてみたり、お風呂にゆっくりと浸かってみたり、自分の好きなことをしてみたり。

自分がリラックスできる環境と時間を作って、疲れた体と心を休ませることも偶には必要だと私は思います。

考え事が尽きないHSPの気質のせいで毎日疲れたと感じている人達が少しでも楽に過ごせるようになればうれしいです。

ここまで読んでくださってありがとうございました。