Moti.Life

アニメ漫画ゲームのことを語るブログ

実際にしてみた金策をいくつか紹介!

f:id:motimoti444:20200209212839p:plain

ストレスが爆発して病気になってからというもの

働いたり働かなかったりしているものです。

働かないとどうしてもついてくる不安がお金関係のことだと思います。

今回はそんな時に私がした金策などをいくつかご紹介したいと思います。

何にお金を使っているのかをノートにメモする

働いている時はちょっと買い食いをしたり、

ちょっと雑貨や化粧品を買っても生きていけるくらいのお金はあると思います。

 

しかし働かなくなると収入がなくなり、

今まで貯金していたお金でなんとかやりくりをしていかないといけなくなります。

 

なので私はほんの少しの出費でもノートに書くようにして、

どういう風にお金を使っているのか後からみてわかるようにしました。

 

改めてノートにまとめることで自分が何にお金を使っていたのかわかり、

削れる出費は削れるようになります。

 

 

 

緊急性がない時は病院にいかない

私の場合、仕事を辞めてから歯に穴が空いていて歯医者に通っていたのですが、

これが本当にものすごい出費でした。6万円くらいかかりました。

 

なので「歯が無茶苦茶痛いという場合以外にはいかない」

という自分のルールを決めました。

 

歯医者さんの場合は虫歯が少しでもあると

「治療した方がいい」と言うと思います。

 

私は10回以上通い続けて、ようやく虫歯の治療が済んだと思ったら

「悪化したようでまた虫歯が出来ています」と言われて、

再び虫歯の治療が始まりました。

歯医者さんが悪いと言っているわけではありません。

 

ただお金がなくて困っているのに歯医者に行くと

人によってはものすごい出費になります。

 

虫歯は悪化するとさらに治療費がかかるというリスクはありますが、

私はこれから生活していけるかわからない状態なので、

歯医者に行くのはやめました。

 

しかし歯医者にいかないということは、

虫歯が悪化するということにも繋がります。

 

最低限、歯間ブラシで1日に一回くらいは歯垢を取ったりして、

虫歯の悪化を抑えたりはしましょう。

紐タイプのフロスが使いにくい方はピック付きのがおすすめです。

※虫歯は悪化すると治療費がかさむので、

長いこと行かないというのは推奨されません。

 

 

 

不要な物を売る

これは継続的には売るものがないとできないので、

売るものがある人に限ると思います。

 

私は結構本を読む人で、漫画や雑誌、DVDなどが多く家にありました。

 

一度読んで満足した本や雑誌、

まだ読みたいけれど背に腹は代えられないので漫画も沢山売りました。

 

昔はゲームもよくやっていたので、

その中でもうやらないだろうなというゲームも売ることにしました。

利用した店一覧

  • ブックオフ
  • 古本市場
  • メルカリ
  • 古本屋
  • 駿河屋

この4つで売りました。

少しでも値段が高くなるようにまずはメルカリで本を調べて、

高額で取引されているものがあれば、そのままメルカリに出品しました。

 

 

古すぎてそういう見込みがないものは古本屋で売るという風にしました。

ここでは結構高額で買い取ってもらえたものを一部紹介したいと思います。

駿河屋

  • PSP本体(PSP-100) 3360円
  • 桃太郎電鉄1→2 300円
  • オセロミレニアム 240円
  • Wii NARUTO疾風伝 激闘忍者大戦!special 1200円

ブックオフ

  • 絵本のつくりかた 300円
  • 懐かしの女の子事典 70年代篇 300円
  • WORF RPGエディターではじめるゲーム制作 450円
  • 不思議サーカス 250円

(※店舗や時期によって金額は変動するのでご注意ください。)

 

Wiiのソフトは結構数があって、

もうWii自体でそんなに遊ばないしすべて売ることにしたんですが、

同じことを考えている方も多く、

メルカリで売れているソフトを検索すると300円~600円くらいのものばかりでした。

 

メルカリは送料込みの方が売れやすいので、

送料込みで300円となると手間の割にはお金にならないと考えて、

売れなさそうなタイトルのものは駿河屋とブックオフに持っていきました。

 

家の近くにあった古本屋や古本市場では買い取れない古いゲームもあったので、

それらを駿河屋とブックオフに持っていった形になりました。

 

PSPの本体は結構古くてシールの後などもありましたが、

3360円と思っていたよりも高く買い取ってくれました。

 

ネットで調べるとゲーム関係は駿河屋がいいという

口コミをよく目にした理由がわかりました。

駿河屋おすすめです。

 

丁度買取アップキャンペーンもしていたので、

対象商品は他の店舗よりも高額買取してもらえました。

時期によって金額に差が出てくると思うので、

事前に確認してから売りに行くといいと思います。 

 

駿河屋、古本市場、古本屋、ブックオフはネット買取ではなく

すべて店頭に持ち込んで売りました。

 

メルカリと合わせると合計4万円くらいになったので、

お金に困った時には割り切って本や漫画やゲームなど売ってみるのもいいと思います。

 

本を売った後また読みたくなったらと昔は考えていたのですが、

特に漫画などはよほど古いものでない限りは

ネットや書店などでまた手に入れることができると思います。

 

なので「読みたくなったらまた買えばいい」

という風に割り切って売ってみるのもありかなと思います。

 

 

 

メルカリで割とすぐに売れるコツ

メルカリでは少しでも安いものを購入したいと考えている人が多いと思います。

なので、売る物の値段を一度メルカリで検索して、

売り切れているものと売れていないものの間の値段をつけることで

売れやすくなる傾向があります。

 

その商品が沢山出品されている場合、この方法は有効なので試してみてください。

あと基本的なことですが、送料込みの商品の方が売れやすいので、

出品するなら送料込みで出品することをおすすめします。

 

それとメルカリでは

友達から紹介してもらうとポイントがお互いにもらえるというシステムがあります

友達がメルカリをやっている方は紹介してもらうといいと思います。

おわりに

今回は私が実際にやった金策をご紹介しました。

物を売ったりするのはずっとできるわけではないし、

その場しのぎでしかありませんが、

すぐに現金が必要だという時におすすめです。

 

事前にどこのお店がどういう風なものを

高額で買い取ってくれるのかを調べてから行くことで

値段も結構変わってくると思います。