moti.life

日々のたのしいを探すもちらいふ

ドット絵が描けるアプリ「8bit Painter」を使ってみた感想

f:id:motimoti444:20200311125825p:plain

こんにちは、motiです。

前回に引き続き、ドット絵が描けるアプリの感想をまとめておきたいと思います。

今回は紹介するドット絵が描けるアプリは「8bit Painter」です。

8bit Painter - ドット絵アプリ
8bit Painter - ドット絵アプリ
無料
posted withアプリーチ

※iPadで使用しています。

 

▼前回の「ドットピクト!かんたんドット絵」の感想はこちらwww.motiraihu.site

 

広告の位置

8bit Painterでは常に画面の下に広告が表示されています。

画面の下にはペンなどのボタンがあり、間違って押してしまうこともあるので、

少し邪魔だなと思いました。

画面下以外の場所だと、画像の保存が済んだ後に元の最初の画面に戻る時などに

全画面の広告が表示されます。(表示されない時もあります。)

メディバンペイントなどと一緒で、その操作をすると強制的に広告を見ることになります。

広告は私が見ただけでも数秒経過後に飛ばせる広告と、最初から×ボタンが出て消せる広告がありました。

 

保存できる作品数

保存できる作品数は30個です。

選択画面の左上の編集から削除することができます。

削除は複数選択もできて便利です。

また、広告をみることによって、保存できる作品数を5件増やすことができます

最大360件まで増やすことが可能です。

広告の視聴は右上の動画のマークからできます。

 

描画の仕方

普通のお絵かきソフト同様のペンや指を滑らせてドットを打っていく描画方法です。

前回のドットピクトは指でも打ちやすいようにpushでドットが打てる機能がついていましたが、iPad版の「8bit Painter」にはそれは付いてませんでした。

 

ジェスチャーでの操作

8bit Painterはジェスチャーで拡大などの操作を行います。

  • キャンバスの拡大
  • ズームアウト
  • キャンバスの移動

スマホを使っている人なら直感的に行える操作なので、

とくに迷ったりすることがありませんでした。

 

作成できるキャンバスサイズ

  • 16×16
  • 32×32
  • 48×48
  • 64×64
  • 96×96
  • 128×128

の6種類です。

保存のできるサイズ

16×16の場合:256px,128px,16px

32×32の場合:512px,256px,32px

48×48の場合:768px,384px,48px

64×64の場合:1024px,512px,64px

96×96の場合:1536px,768px,96px

128×128の場合:2048px,1024px,128px

 

機能一覧

  • ペン
  • 消しゴム
  • バケツ(塗りつぶし)
  • スポイト
  • カラーパレット(プリセットあり)
  • 完成画像の確認
  • グリッドON/OFF
  • 透過ON/OFF
  • 移動・左右反転・回転
  • 画像をインポート
  • シェア&エクスポート

バケツはペンのボタンを2度押すと選択できるようになります。

プリセットが用意されていますが、必要最低限といったくらいの色の数です。

自分で色を作ることができますが、カラーコードで色が作れたりとかはないので、

配色が苦手な方は少し困るかもしれません。

しかし、画像をインポートという機能があるので、

  1. 使いたい色の画像をインポート
  2. そこからスポイトで色を取る

という方法で色は作れます。

 

アプリからTwitterに投稿するとJPEGになる

以前紹介したドットピクト同様、アプリからTwitterへの投稿はJPEGになってしまうようです。

今回は64×64のキャンバスにドット絵を描いて、

512×512pixelで保存してみました。

 

▼JPEGとPNGの比較

JPEGで保存した場合

f:id:motimoti444:20200310224613j:plain

 

PNGで保存した場合

f:id:motimoti444:20200310224409p:plain

 

前回のドットピクトの時よりかは劣化があまり感じられませんでした。

画像のサイズにもよるのかもしれません。

 

 

おわりに

今回はドット絵が描けるアプリ「8bit Painter」の紹介をしました。

前回のドットピクトの時よりプリセットや投稿機能などが減って、

便利さが少し減ったという印象です。

「ドットピクト」のが45.3MBなのに対し、

「8bit Painter」は22.3MBとドットピクトの半分くらいの容量。

私が普通のイラストで使っている「メディバンペイント」は86.4MBなので

普通のペイントソフトよりもドット絵アプリは半分くらいの容量なので、気軽に入れられると思いました。

「ドットピクト」のようなdotpictのような投稿機能やプリセットは必要ないもしくは、

容量はできるだけ小さい方がいいという方には

「8bit Painter」はおすすめできるアプリだと思いました。

 

8bit Painter - ドット絵アプリ
8bit Painter - ドット絵アプリ
無料
posted withアプリーチ