Moti.Life

アニメ漫画ゲームのことを語るブログ

イラストの加工に便利『Adobe Photoshop Camera』の紹介

f:id:motimoti444:20200614111827p:plain

今回は数タッチで素敵な加工ができるアプリ「Adobe Photoshop Camera」を紹介したいと思います。

※今回はiPhone版の紹介を使用しています。android版も配信されています。

 

 

加工の仕方

ダウンロードして写真を選択

f:id:motimoti444:20200614111952p:plain

画像を選択すると画像のような画面が開きます。

左下にある『レンズ』を選択すると、フィルターが出てきます。

 

好きなフィルターを選ぶ

f:id:motimoti444:20200614112059p:plain

下のフィルターが出てきます。

フィルターは後からでも追加可能です。

 

フィルターを選ぶ

f:id:motimoti444:20200614112152p:plain

フィルターを選ぶを下から選ぶとイラストが加工できます。

フィルターは右にある『さらに追加』から追加が可能です。

 

フィルターの種類を選ぶ

f:id:motimoti444:20200614112237p:plain

横にスライドでフィルターの種類を選べます。

今回は「空想」1/5を選びました。

 

保存の仕方

f:id:motimoti444:20200614112406p:plain

フィルターを選び終わったら、左下にあるボタンをタップ。

 

f:id:motimoti444:20200614112515p:plain

一番最初の画面に戻ってきます。

右にあるボタンから加工した画像をダウンロードできます。

 

加工によっては動画で保存される

f:id:motimoti444:20200614112600p:plain

加工によっては画像が動いている状態のようになっていて、

そのまま上の要領で保存してしまうと、動画として保存されてしまいます。

なので、加工している途中にで上にある

再生のボタンをタップして、画像を停止させてから保存すると画像として保存ができます。

「コミックス」「空想」などが動いているフィルターです。

 

加工前と加工後の比較

f:id:motimoti444:20200614115254p:plain

フィルター「空想」1/5のみで加工してみました。

画面上のところが夜の星空になっていて素敵な雰囲気になりました。

昼のイラストがこうして数タップで夜のイラストにできてしまうって

本当にすごいことだと思いました。

 

今回加工してみた画像と他にもおすすめのフィルター

フィルター「空想」1/5

f:id:motimoti444:20200614115907j:plain

本物っぽい星空が現れて夜っぽくなるフィルターです。

テクスチャも相まって金属が金属っぽい感じの質感になっていてとてもいいと思います。

 

フィルター名「コミックス」3/5

f:id:motimoti444:20200614112853j:plain

加工中に恐らく空と認識された場所が動いて星がキラキラ光っていました。

好きなタイミングで再生を止めて保存できました。

イラストのリドルくんの目が青色に近い色だったので、空と判別されていたのか、

空の部分を動かしたい(加工したい)場合は他の場所に青色を使うのは避けた方がいいのかもしれません。 

 

フィルター名「アートフル」8/8

f:id:motimoti444:20200614112906j:plain

滅茶苦茶「アート」といった感じのフィルターです。

油絵みたいな感じで雰囲気が出ていて素敵になります。

 

フィルター名「アートフル」2/8

f:id:motimoti444:20200614113746j:plain

デジタルイラストでなかなか出せないタッチも加工で再現できて楽しいです。

油絵に関しての知識が皆無でも、こういう風に簡単に加工できるのは素晴らしいと思いました。

 

おわりに

今回はイラストや写真の加工に便利な『Adobe camera』の紹介をしました。

操作も簡単で、いろんなフィルターがあり、とてもいいアプリだと思います。

絵がなんだか物足りない時や、もっと雰囲気を出したい時などにいかがでしょうか。

Photoshop Camera
Photoshop Camera
開発元:Adobe Inc.
無料
posted withアプリーチ

関連記事