Moti.Life

アニメ漫画ゲームのことを語るブログ

〈ジャックジャンヌ〉舞台へのこだわりがすごい!舞台用脚本もまるごと製作!リズムゲームが苦手でも安心な難易度調整

 

ジャックジャンヌの新情報が公開

f:id:motimoti444:20200926120827p:plain

引用:https://www.youtube.com/watch?v=xCjLDFzdrEw

本日行われた配信

  • 「GAME LIVE JAPAN(ゲームライブジャパン) 2020」DAY3

にて公開されたジャックジャンヌの情報を

まとめていきたいと思います。

▼動画はこちらからご覧ください


【DAY3】GAME LIVE JAPAN(ゲームライブジャパン) 2020

番組の内容は

  • ジャックジャンヌPV
  • 簡単にどんな作品なのか紹介
  • ゲームの特徴紹介
  • 実機プレイ初公開

となっています。

ゲームの特徴

160枚以上の石田スイ先生の描き下ろしイベントイラスト

160枚以上のイベントイラストを

石田スイ先生が描き下ろししています。

 

こういったテキストアドベンチャーゲームの場合、

シナリオを作りながら並行してイベントイラストを作っていくため、

 

イラストとシナリオで少し齟齬が出てしまったりすることがあり勝ちらしいのですが、

 

本作ではシナリオがしっかり完成してから石田スイ先生がしっかり読み直して、

一番よいところにイラストを描き出す。

 

という製作方法を取られており、

そういった小さな齟齬もないイラストに仕上がっているとのことです。

 

 

 

舞台関係でこだわられている点

一部しか出てこない舞台の脚本もまるごと製作

ゲームの特製上、舞台をしているシーンは

一部しか登場しないのですが、

その舞台で使用されているシナリオは1本丸ごと製作されているとのこと。

 

また、ゲーム内で進めると

そのシナリオを読めるようになるおまけ要素もあるようです。

役の衣装30着以上のデザインも石田スイ先生が担当

キャラクター達の『役の衣装』30着以上デザインも

石田スイ先生が全て描き起こしています。

音楽は生音で収録

音楽は各公演ごとにオリジナルで作成されており、

打楽器、弦楽器などの楽器全て、生音で収録したそうです。

 

 

 

初お披露目!各クラスのごとのPVが公開

  • 「クォーツ」
  • 「オニキス」
  • 「ロードナイト」
  • 「アンバー」

各クラスのPVが今回初お披露目されました。

 

それぞれのクラスが舞台を披露しているイベントイラストが流れ、

個性ある特徴的なBGMが流れるPVとなっています。

 

実機プレイ初公開・ゲーム内のあれこれ

  • アドベンチャーパート
  • シミュレーションパート
  • リズムゲームパート(歌唱パート)
  • リズムゲームパート(ダンスパート)

の実機プレイの様子が初公開されました。

「希佐」呼びと「二人称」呼び

主人公の名前は下だけ変更可能で、

変更しなかった場合は、「希佐」呼び。

変更した場合は「きみ」「あなた」といった呼び方になるそうです。

 

 

 

リズムゲームが全くできない人にプレイしてもらって難易度調整

リズムゲームが全くできない人間にテストプレイしてもらって

そんな人でもストレスなくクリアできるように難易度調整をしたとのことで、

 

リズムゲームが苦手な人でも安心して楽しめるものとなっているようです。

 

本編内でリズムゲームの難易度はどれを選んでも

成績には影響しないというのも

リズムゲームが苦手な人に優しい設計となっています。

 

難易度が高い物になると、

「リズムゲームが得意な方も間違いなく苦戦するように作っている」とのことで、

リズムゲームが得意な方も楽しめるリズムゲームになっているようです。

switchのタッチ画面でもリズムゲームがプレイ可能

また、今回の実機プレイではコントローラーを使用して

リズムゲームをしていたのですが、

switchのタッチ画面でもリズムゲームをプレイすることが可能とのことです。

 

 

 

おわりに

今回は「GAME LIVE JAPAN(ゲームライブジャパン) 2020」にて

公開された「ジャックジャンヌ」の新情報をまとめてみました。

 

個人的に大きいなと思ったのが、

かなりリズムゲームが優しそうな点です。

 

今回の配信された実機プレイでは、

難易度NORMALでプレイされていたのですが、

本当に優しめの難易度に見えたので、

リズムゲームが苦手な人でもプレイできるなと思いました。

 

そしてゲーム本編で主人公達が演じる

舞台の脚本をまるごと作成しているという点もすごいなと思いました。

それをまたゲーム内で見られるというのもいいですよね。

 

新人公演の「不眠王」も、練習風景のボイスドラマを

見る限りとても面白そうだったので、他の公演の脚本も楽しみです。

 

switch用ソフト「ジャックジャンヌ」は12月3日発売予定です。