Maniac

アニメ/漫画/ゲームの情報・感想・メモブログ

〈ツイステ〉マスターシェフでキャラブレ?アズールが食べ物を粗末にする・カリムがジャミル以外の人の料理を食べる・ルークがにんにく入りの料理を食べる

 

マスターシェフ~豆と人生~でキャラブレ?

f:id:motimoti444:20210817123644p:plain

今回はツイステのイベント「マスターシェフ~豆と人生~」をプレイしてキャラがブレているんじゃないかと思った点をまとめたいと思います。

マスターシェフについて

  • マスターシェフの実食審査で良い結果を出せれば選択科目の谷を1つ獲得できる
  • 審査員は生徒、教師の中から当日にランダムで選ばれる

ランダムで選ばれるようになった理由としては「不正な取引を持ちかけて単位を取得しようとする生徒が続出したため」と学園長が説明してます。

しかし、マスターシェフで登場するSRトレイ(見習いシェフ)のカードのホーム画面では「ヴィルは料理の味だけじゃなくて見た目の評価も厳しそうだ。」という発言があり、事前にヴィルが審査に来ると分かっているような台詞も見受けられます。

「ジャミルの手料理だけしか手をつけないことにしてるんだ。」と発言するカリム

f:id:motimoti444:20210817123621p:plain

▲Rカリム(制服)のパーソナルストーリー

過去に毒を盛られたことがあり、それ以来ジャミルの手料理だけしか手をつけないことにしているという発言がありました。

しかし今回のマスターシェフでは他人の作った料理を食べています。

料理に関してのカリムとジャミルの話になりますが、Rジャミル(制服)パーソナルストーリーで「ここの昼食はバイキングだからまだよかった。これなら毒見の必要がない。」という台詞がありました。

しかし現実的に考えると周りを巻き添えにする覚悟でやれば毒物混入も出来ますし、魔法を使えばもっと楽に毒を入れることも出来そうでもあります。(現在ツイステの魔法の設定が曖昧なので今後の描写に期待)

同パーソナルストーリーで、カリムに料理を取りに行かせていることもかなりリスクがある行為です。そのためそもそもその辺りの設定がツイステのライターの中では結構緩い、あまり現実的に考えていないのかなと思いました。

そのためマスターシェフでカリムがジャミル以外の料理を食べていることも

  • 「そこまでこだわって作ってない」

とそれだけなような気がします。

「食べ物粗末にすっとアズールに怒られる」と発言するフロイド

f:id:motimoti444:20210817123629p:plain

▲SSRフロイド(おめかしバースデー)パーソナルストーリーでの発言。

食べ物を粗末にするとアズールに怒られるからちゃんと全部食べたという発言がフロイドから出ています。

ツイステのキャラの発言はキャラの視点や偏見が入るため、発言全てが正しいということはないですが、フロイドがここで嘘をつく理由がないためアズールは食べ物を粗末にしないキャラというイメージを持っていた人も少なくないと思われます。

他人に読ませているストーリーとして、これまでのアズールの周辺の話では

  • 母親がリストランテを経営
  • アズール自身はモストロ・ラウンジを経営
  • 食べ物を粗末にすると怒るとフロイドが発言

という情報が出ています。キャラクターの性格や倫理観等の設定を描く上で食べ物を粗末にしないキャラであることをこれまでにプレイヤーに掲示しており、ここでその設定を崩すのは理解不能です。(理由が今後描写されるなら別)

今後この食べ物に関する描写の回収があるかは不明ですが、ストーリーが追加される度に新しい設定を生まれたと思ったら「やっぱりそんなことなかったです」というのはブレにも繋がると思われるためきちんと通った描写が欲しいところです。

こちらも上のカリムと同様に「そこまでこだわって作ってない」というだけのような気がします。(それが問題でもありますが…)

「匂いが残る食べ物は、狩りの邪魔になるからね。」と発言するルーク

f:id:motimoti444:20210817132025p:plain

f:id:motimoti444:20210817132019p:plain

SSRルーク(おめかしバースデー)パーソナルストーリーでの発言。

  • ルーク「嫌いというか、困るからだけれど。匂いが残る食べ物は、狩りの邪魔になるからね。」
  • 監督生「狩りをしない時は食べてもいいのでは?」
  • ルーク「ノン!狩りをする時、しない時……そんな境界は、私には存在しないよ。」

上記のように狩りをする時しない時そんな境界は存在しないと発言しているため、にんにく等の匂いの強い食べ物は常日頃から食べないものと思われます。

こちらも上と同様に「そこまでこだわって作ってない」というだけのような気がします。

 

 

 

おわりに+a

今回はマスターシェフのキャラブレについて過去の発言を洗ってみた話でした。

いろいろ考えましたが、結論をいうと「そこまでこだわって作ってない」ってだけだと思う要素が多いんですよね。

 

キャラに深みを持たせるために嫌いな食べ物をプロフィールに記載して、何故その食べ物が嫌いなのかもキャラクターに語らせた後に料理メインのイベント持ってきて、なんで食べてるの?ってプレイヤーに思わせるのはキャラゲーとしてどうなのかな?と思います。

そういう設定を入れたならそれ守ってほしいというだけなんですよね。逆に何故その設定を守れないのにその嫌いな食べ物っていう要素を入れようと思ったの?とも思います。

 

…どうしたらキャラブレや解釈違いや矛盾を生まなかったのかを考えていたのですが

  • アズールに消し炭以外は食べる描写を入れる
  • カリムはジャミルがマスターシェフに登場する時に審査員として登場させる。
  • ルークはにんにくなどの匂いの強い食材を使った料理を提供しない回に審査員として登場させる

といったことが出来ると思います。そこまで難しいこと言っていないと思うんですよね。

配慮というよりかは自分達が作ったキャラクターの設定を忘れているということがツイステには多々あり、マスターシェフではそれが如実に表れているなという印象を持ちました。

キャラへの愛やこだわりがないんだろうなとはここ最近ずっと思っていましたが、それがこうしてゲームのイベントで形として現れてくるのはとても悲しいです。イベントでボロが出ているのはいつものことではありますが…。

初歩的なミスもここ最近多い

ここ最近のイベントでは特にですが、キャラのプロフィールだけ見てシナリオライターがイベントストーリーを書いているのかな?と思わせるような描写も多々あります。(今回のルークの件ではプロフィールすら見ていない様子ですが…)

今までに出してきたカードのパーソナルストーリーやホームボイスを確認していないんだろうなと思わせることがここ最近のイベント等では本当に多いです。

キャラが別のキャラを呼ぶ時の名前の間違いなどの初歩的なミスも多くなってきていますし、なんとかしてほしいところです。

過去の発言を公式が把握していない?

ツイステを作っている誰がマスターシェフで低品質の料理に手を付ける・付けないを決めているのかは分かりませんが、キャラクターの過去の発言をチェックせずに作っているんだろうなと感じさせることが多々あります。

ツイステは現在までに沢山のパーソナルストーリーを実装してきて、数も膨大で読み返すのは大変だと思いますが、そこはお仕事でゲームを作っているのでしっかりしてほしいところです。

ツイステはキャラが魅力的で人気を得ているゲームなので、そこを一番こだわらないとファンの心が離れることも今後あるのではないでしょうか。

スープをナイフで食べていることは許せるけれどキャラブレは問題

f:id:motimoti444:20210818120014p:plain

ずっと言いますが個人的にはカレーやスープ系の料理ををナイフとフォークで食べてるのは経費削減だろうなと割り切って許せるんですが、キャラゲーでキャラを大切にしないのは問題だと思います。

追加でストーリーが出る度にキャラの設定がブレているキャラゲーというのはあまりないと思うので頑張って欲しいです。

マスターシェフは同様の形式のイベントが今後も開催されますが、キャラがちゃんとそのキャラであることを忘れずに、それぞれのキャラの食べ物への扱い方を考えて開催してほしいですね。 イベントの難易度(面倒さ)を上げている場合じゃないと思います。

 

 

 

 

ただの嘆き

マスターシェフが始まった時は虚無期間を埋めるために運営さん頑張るんだなと思っていましたが、開催期間が無駄に長く、結局イベントを開催していても楽しくやれることがないため虚無期間には変わらず、何故この形式でこだわりもなく料理イベントを追加しようと思ったのかなとも思い始めています。

作った人は実際にプレイしてないんじゃないかなと思えるくらいただ面倒くさい仕様のイベントだとも個人的に思っています。

更に一番大切にしないといけないキャラ達のキャラブレという酷い要素も現れて…もう単純に悲しいです。

ゲームが始まった頃はキャラクター達のことを知りたいと思って追加のストーリーが来るのを心待ちにしていたのに、ここ最近はキャラがブレたり、矛盾が満載だったりと、追加ストーリーが来ることに若干恐怖すら感じています。

何でこんなことになってしまったんだろうと考えない日はないです。考えたって仕方ないことは分かっているんですけれど…。