moti.life

日々のたのしいを探すもちらいふ

[ツイステ]メインストーリーでトレイとケイトが登場するエピソード

f:id:motimoti444:20200612154225p:plain

ツイステッドワンダーランドの

トレイ・クローバーとケイト・ダイヤモンドがメインストーリーで登場する回をまとめました。

※彼らの登場が多いハーツラビュルがメインのEPISODE・1は省いています。

 

 

メインストーリーでトレイが登場するエピソード

EPISODE・1「真紅の暴君」

  • 初登場回:EPISODE 1-7 「厳格トラディション!」

エピソード1-7以降から登場します。

学食で他の寮の生徒の傾向などを教えてくれたり、

エースとデュース、主人公とグリムでマロンタルトを作りました。

エースたちにリドルの過去を話したり、ユニーク魔法『薔薇を塗ろう』で

オーバーブロットしたリドルを抑えたりとバトル面では間違いなくMVPでした。

 

EPISODE・2「荒野の反逆者」

  • EPISODE 2-9 「慰問グリーティング!」
  • EPISODE 2-28 「被害者クラブ!」
  • EPISODE 2-29 「突発エキシビジョン!」

マジカルシフト大会の有力選手を狙われる事件が起きて、

階段から落ちそうになったリドルをかばって怪我をします。

その影響で登場回は少し少なめです。

2-28「被害者クラブ!」では仕返しのために笑顔で登場します。

 

EPISODE・4「熱砂の策謀家」

  • EPISODE 4-3 「帰省ノスタルジア!」
  • EPISODE 4-4 「送別ノイジー!」

ウインターホリデーで帰省するために鏡の間で主人公やエースたちと会話します。

母親がいる実家に帰るリドルのことは気にかけている様子。

 

 

 

 

メインストーリーでケイトが登場するエピソード

EPISODE・1「真紅の暴君」

  • 初登場回:EPISODE 1-3 「庭園スカーレット!」

エピソード1-3以降から登場します。

主人公たちに「ハートの女王の法律」を教えてくれたり、

薔薇の塗り方を教えてくれたり、

トレイ先輩と一緒に他の寮の生徒の特徴を教えてくれたりします。

 

EPISODE・2「荒野の反逆者」

  • EPISODE 2-9 「慰問グリーティング!」
  • EPISODE 2-10 「結託チェイサー!」
  • EPISODE 2-11 「厄介ツインズ!」
  • EPISODE 2-12 「突撃テリトリー!」
  • EPISODE 2-13 「百獣コンフリクト!」
  • EPISODE 2-16 「証言ポートレート!」
  • EPISODE 2-17 「明瞭クリミナル!」
  • EPISODE 2-18 「尋問サスペクト!」
  • EPISODE 2-20 「告発トゥルース!」
  • EPISODE 2-21 「強情エントリー!」
  • EPISODE 2-23 「策謀スタンピード!」(変装)
  • EPISODE 2-24 「喝采サイレント!」
  • EPISODE 2-26 「咆哮ディザイアー!」
  • EPISODE 2-28 「被害者クラブ!」
  • EPISODE 2-29 「突発エキシビジョン!」

主人公やリドルたちと犯人捜しをします。

マジフト大会当日はユニーク魔法『舞い散る手札』で自分増やして変装をし、

レオナさんたちを欺きました。

 

EPISODE・4「熱砂の策謀家」

  • EPISODE 4-3 「帰省ノスタルジア!」
  • EPISODE 4-4 「送別ノイジー!」

ウインターホリデーで実家に帰省する前に主人公たちと少し会話があり、

マジカメに主人公たちと一緒に撮った写真をアップしてから別れました。

 

ケイトはプロフィールによると出身が「輝石の国」で、ヴィル様やジャックと同じ国です。

5章にそういうところが絡んできたりするのかなと思いました。

 

おわりに

今回はツイステッドワンダーランドに登場する

トレイ・クローバーとケイト・ダイヤモンドが

メインストーリーで登場する回をまとめてみました。

 

ハーツラビュルの中でトレイ先輩は2章で怪我していたため、

出番がリドルやケイトに比べて少なかったので、

これからのメインストーリーやイベントストーリーで登場してほしいなと思いました。

 

ケイトはパーソナルストーリーのマンドラゴラの件や、

メインストーリーでの「トレイ」と「トレイくん」の呼び分けだったり、

焦ると口調が変わったりで、

普段は猫を被っている説やハーツラビュルの前寮長だった説が囁かれています。

メインストーリーで明らかになるかはわかりませんが、これからのストーリーが楽しみです。 

 

関連記事